人身事故の慰謝料相場

人身事故の示談金は、ケースによって大きく額が異なります。被害者と加害者が納得した額が示談金ですから、お互いの過失の割合をはじめ、細かい様々な問題が絡んでくるのです。ただ、相場がないとなると、示談金の額に交渉次第で大きな差が生じかねません。そのため、示談金の相場は内訳から割り出されることがあります。

一方、人身事故の慰謝料には、相場が存在します。過去の判例などから妥当な金額の支払いが求められ、こちらのほうが予想外に額が低かったと感じる被害者もいるかもしれません。相場があるのに慰謝料額が低くなってしまうのは、慰謝料の相場には自賠責保険・任意保険・弁護士基準があるためです。加害者の有利に働くには自賠責保険と任意保険の基準ですから、被害者の頼りになるのは弁護士基準です。

弁護士基準というのは、各弁護士が実力で出している基準ではなく、弁護士会が発表している基準です。被害者にとって最も高い慰謝料を請求できるのが、この弁護士基準です。被害者が相談した弁護士も弁護士基準を参考にし、裁判でも弁護士基準が重視されることがあります。加害者側から提示された慰謝料金額で納得がいかない場合は、弁護士基準によって適正な慰謝料の交渉をしてもらうのがよいでしょう。